×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アフラックの学資保険 特徴

アフラックの学資保険はその知名度でとても人気があります。
可愛いアヒルでお馴染みの、アフラックですが、アフラックの学資保険は、貯蓄重視型の保険として人気商品です。「かわいいこどもの保険」と名がついたアフラックの学資保険は、高校進学時の15歳と、大学進学時の18歳に祝い金を受け取るシステムです。15歳に受け取る祝い金は、基準祝い金額の30%になっていますよ。アフラックの学資保険の大きな特徴は、子供が産まれる140日前から、契約することができるという点です。アフラックの学資保険は契約期間が長ければ、それだ保険料の払込総額が大きくなり、祝い金や満期金も多くなるということですね。アフラックの学資保険は18歳時に受け取ることができる満期金は、100万円から800万円まで、10万円単位で設定することができますよ。

スポンサード リンク

アフラックの学資保険 人気の理由

アフラックの学資保険が人気なのには理由があります。一般的に、高校進学時には、平均160万円から300万円、大学進学時には250万円から500万円の教育費が必要です。その家庭に合ったプランを設計し易いのはアフラックの学資保険の特徴です。ただ、出産前の契約で、ママが契約者となる場合は、アフラックの学資保険は満期金は上限100万円となりますので気をつけてくださいね。アフラックの学資保険は契約者に万一のことがあった場合に、それ以降の保険料の払込が免除される、保険料払込免除特約は、付加するかしないか、選択性になっています。子供の年齢は、0歳から7歳まで契約可能ですが、5歳を超えて契約する場合には、保険料払込免除特約は、つけることができないので、注意が必要です。アフラックの学資保険の他の特徴としては、契約者配当金を5年ごとに受け取ることができるという事があります。ただ、これは経済情勢などにより、料金は増減し、場合によっては受け取ることができない場合もあるので、契約時に確認してみてくださいね。
アフラックの学資保険の参考にしてください。

アフラックの学資保険の用語の説明

アフラックの学資保険で使われる保険の専門用語を勉強しましょう。
「満期金」とは満期に保険会社から支払われるお金が満期金で、満期までの間の幼稚園や小学校入学、中学入学から大学入学まで、進学時などの節目に支払われるお金が、「祝い金」です。「給付金」は、学資保険の中でも、保険で使われる言葉です。子供がケガをしたり、入院、手術をしたりした時に保険会社から見舞金として支払われるお金が給付金です。アフラックの学資保険は、貯蓄と保障の両方を兼ね備えたプランが多いので、この言葉を使う機会は多くなっていますね。「特約」とは、その保険にはない、保障を付加することができる契約のことです。入院特約、手術特約、通院特約、養育年金特約(育英年金特約)など、さまざまな種類がありますが、保険会社によって違いますので、事前に確認しておく必要があります。特約をつけることによって保険料が高くなりますので、特約を利用する場合は、検討してください。

スポンサード リンク

Copyright © 2008 アフラックの学資保険